給湯器の水漏れを放置したらどうなるか

給湯器には水が必須です。この水が漏れてきたときには、どんなリスクが起きるのか考えておかなければいけません。すぐに壊れないように作られていますが、危険性から考えれば、不具合はそのままにしておけません。

■ガスの不完全燃焼も起きる

給湯器の内部は簡単な構造ではありません。水を温めるためには、熱を交換しなければいけないからです。ガスや電気を使いますが、内部で水漏れを起こすと、内部の装置に水がかかる可能性が出てきます。
ガスを燃焼して温めている場合には、不完全燃焼を起こしてしまうケースが考えられます。どこから漏れるかでも違いますが、うまく燃焼できないと、ガスが漏れる危険も考慮しなければいけません。安全装置もつけられているため、燃料の供給をストップできますが、場所によっては働かないことも考えられます。一酸化炭素の発生も考えられるため、水漏れが起きているときは、給湯器の使用をストップし、専門業者の点検や修理することが大切です。


■目に見えない電気の問題

電気を使っている機械だということを忘れてはいけません。電気は目で判断できないのが特徴です。内部にいろいろと配線もあり、それぞれ水漏れの危険を考え防水加工もしてありますが、水をかぶれば漏電の危険性も考えられます。
給湯器から水漏れを起こし、その水を触ったことで感電する可能性も考えられます。家庭用の電気のレベルでも、状況によっては大変危険です。専門業者など、構造を理解していれば、電源を切ってから作業しますが、素人では気がつかないこともあります。水漏れとあまく考えるのではなく、危険なものとして判断するのが大切です。



■まとめ
給湯器から水漏れを起こしているときには、素人判断での修理は危険です。ガスや電気は、目で見て判断ができません。漏れていても、漏電していても、見た目には何も変化がないからです。リスクの高い状況となりますので、水漏れを見つけたら放置したりせず、使用をストップして専門業者に連絡しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ