給湯器の水漏れと耐用年数

給湯器も機械です。お湯が出せる便利な機能は、あって当たり前と感じますが、何もせずに永遠に使えるものではありません。時間とともに劣化もしますし、耐用限界もあるのは忘れてはいけないポイントです。

■耐用年数の問題

給湯器は機械として、屋外に置くことを前提に丈夫に作られています。しかし、時間とともに劣化しますし、故障も起こすため、メンテナンスが必要です。寿命に限界があるのも覚えておかなければいけないポイントになります。
設置された環境や地域によっても差がありますが、7年から10年もたつと、徐々に故障が増えてきます。10年以上にもなると、各部品が経年劣化を起こし、頻繁に水漏れすることも珍しくありません。修理も必要ですが、一度直してもまたどこか故障するのは、劣化は他の部分でもどんどんと進んでいるからです。まだ使えると思っていても突然使えなくなることもあります。

■部品が手に入らなくなる時期

給湯器は10年程度で交換を考えるべき理由があります。耐用年数から考えて寿命を迎えるとしても、部品があれば修理は続けられるのは確かです。しかし、この部品が手に入らなくなる可能性も考えれば、交換する時期になってきます。
メーカーは、一定年数部品の供給を続けるため、修理にも対応可能です。生産開始から10年程度は継続するため、部品を手に入れることができますが、生産を終えればだんだんと手に入らなくなります。一部の部品は共用性もありますが、専用の部品となれば生産されなくなれば修理できません。そういった背景から、設置から7年を過ぎたあたりで交換を考える時期になります。

■まとめ
給湯器は長く使える設備ですが、水漏れの故障からいきなり交換しなければならなくなれば、出費も大きな負担になります。寿命を迎える時期を覚えておけば、出費に対する準備もできるため、7年を過ぎたあたりから交換を考えておくのがポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ