給湯器内部の凍結から水漏れを起こすケース

給湯器から水漏れを起こす原因はいろいろとありますが、内部で部品が破損してしまう状況は問題です。水を使っているため、凍結して膨張したときにも起きる可能性があります。修理費もかさむため、どんな状況で起きるかも考えておかなければいけません。

■体積膨張によって内部から破損する

水は凍結すると体積が増えます。凍結して膨張すれば、力が加わるのが大きな問題です。給湯器には、ホースや配管を使い水を水道管から供給していきますが、凍結すると内部から強い力がかかります。力に耐えられるなら問題はありませんが、繰り返していたり、長い時間力がかかり続けたりすれば、破損してしまい水漏れの原因のひとつとなります。凍結したときの力は強く、水道管を破損させることもあります。外部の気温の問題もありますが、寒冷地では十分に気をつけなければいけない状態です。
凍結している状況がわかっている場合、そのまま使用するのは危険です。配管の中で溶けたのを確認してから使う必要があります。熱湯をかけて溶かすと急激な温度変化で破損し、故障を広げてしまいます。

■凍結防止のヒーターもある

給湯器は屋外に設置される機器として、凍結しにくい構造を持っています。電源が入っていれば、内部で凍らないためのヒーターを作動させて凍結を防ぎます。それでも、水道配管に対しては効果を発揮できないため、外部で凍ってしまえば水の供給が絶たれ給湯器は使えません。
あまりに寒い日が続き、凍結する危険性がある場合には、水抜きしてしまう方法もあります。給湯器のメーカーや種類によって方法が違いますが、内部から水が抜ければ凍結することもなく破損させる危険性はなくなるため有効です。冬季に旅行に出てしまうときなど、長時間にわたって使用しないなら、あとから水漏れの心配もせずに済むため、処置した方が良いでしょう。

■まとめ
マイナス15度になるようなときには、凍結の可能性が高まります。単純に気温だけではなく、給湯器が日の当たらない場所に設置されているケースや、風当たりが強いときなども注意しておくといいでしょう。修理にもかなりの費用がかかるため、状況によっては交換も必要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ