給湯器の不具合と水漏れ

給湯器の不具合と水漏れ 生活の中でお湯を使う機会はいろいろとありますが、給湯器が普及したため、台所などでも必要なときにすぐにお湯が出るようになりました。油汚れを落とすときでも便利ですし、お風呂のシャワーでも利用が簡単です。生活に欠かせないものとなった給湯器も、どこかに不具合を抱えると水漏れを起こす可能性があります。水を使い熱で温めてお湯にする構造は複雑で、故障する場合もあるからです。耐用年数の問題も考えると、いつかは壊れるのは仕方がありません。その時に、給湯器 交換するべきかどうか、判断する必要があります。


■落ち着いて電気の確認から

給湯器から水やお湯が出ないときには、まず落ち着いて判断することが求められます。水漏れが原因の場合もありますが、もっと単純な故障の可能性もあります。中でもよく起きるのは、電源の問題です。何かの拍子にブレーカーが落ちたとしたら、いくら操作してもお湯は出ません。
ガスを使ってお湯を沸かすタイプでも電気が必要です。電気がきていなければお湯は出ないため、ブレーカーが落ちて主電源がオフになっていないか確かめます。コンセント自体が抜けていることも考えられるため、設置されている場所の確認です。
お湯が出ると思っていても水しか出ないケースもあります。温度設定が間違っており、故障ではなく操作ミスが原因だということもあります。落ち着いて考えれば簡単な問題ですが、お湯が出ないと思ってしまい焦っていると判断を間違えます。まずは落ち着き、順番に確認してみるといいでしょう。

■定期的に様子を見にいく
給湯器に水がきていないと、いくら他の機能が正常でもお湯は作れません。水道管からの供給だけではなく、内部から水漏れを起こしているケースでも同様のことが発生します。ホースが外れているだけなら、さしなおせば直りますが、水漏れにもいろいろな原因があり、簡単に判別できないことも珍しくありません。
気がつかないうちに故障して水漏れを繰り返しているケースも出てきます。普段から目にしていれば、故障にも気がつきますが、家の裏や、目のつきにくい場所に設置している場合も多く、発見が遅れやすいのも特徴です。
雨が降ったわけではないのに給湯器の周りが濡れているときは、何かしらのトラブルが考えられます。内部の水を吐き出すドレーンホースもありますが、あまりに量が多く広範囲なら、内部の故障を疑わなければいけません。

■給湯器も機械なのを忘れない

機械である以上、いずれは壊れることになります。耐用年数の限界がくれば、給湯器 交換も必要です。使っているうちに部品は劣化します。屋外に設置するのが基本のため、気候の変化によるダメージを受け続けるため、環境としても過酷です。
定期的に点検をしておけば、問題のある部品の発見も早まりますが、大丈夫と思い使い続けているケースでは、故障も複数におよぶ可能性も出てきます。経年劣化によって水漏れが引き起こされた場合は、他の部分にも問題が出ていることが多いです。修理をするよりも、交換した方がお得なケースもあります。メンテナンスフリーの機械ではないため、定期的に注意が必要ですし、専門業者に定期点検も依頼した方が良いでしょう。

■まとめ
給湯器は便利な機械ですが、不具合があれば修理も点検も必要です。水だけではなく、ガスや電気も使ってお湯を作る機械のため、見た目だけではどうしても不具合が出ている場所の判断ができない場合もあります。水漏れははっきりとしたサインになるため、普段から見逃さないで対応を考えるのが大切です。ガスや電気の危険性も出るため、原因が特定できないケースや自分では難しいと思ったときには、すぐに専門業者に依頼して修理しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース